サイト内検索

  • 完結

絶妙な指の動きで

お気に入り登録数 1

作家/出演者
シリーズ
  • 絶妙な指の動きで(単話)
夫がシンガポールへ長期単身赴任に行ってしまい、私は○稚園に入ったばかりの息子と、年老いた義父と住んでいます。痴呆気味の義父のお風呂の世話までしているのですが、義父は私と亡くなった義母さんとを間違えるようになっていました。ある晩、寝ていた私は下半身がムズムズする感覚に驚いて飛び起きました。見ると、お義父さんがペロペロと私のアソコを舐めていたんです。怒ってお義父さんを追い出した私ですが、欲求に火がついてしまいました。長い間夫ともしていないし、身体が疼いていたのです。私はオチ○チンが欲しくてたまらなくなって…。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/07/06 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
20ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
6.88MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家