サイト内検索

  • 完結

誰も知らない、凌辱

お気に入り登録数 3

作家/出演者
シリーズ
  • 誰も知らない、凌辱(単話)
二人の男は、私を廃業した病院の建物に連れ込みました。私を脅して身体検査だといって服を全部脱がせると、裸の私を押さえつけたんです。飢えた男たちは我慢できない様子で、いきなり私の口とオマ○コに入ってきました。私は男のモノをくわえたまま呻くことしかできませんでした。身動きも抵抗もできないまま、男たちの欲望で汚されていく私。ペニスでお尻の穴を貫かれ、オマ○コには床に転がっていた薬品の空き瓶がすっぽりと埋め込まれました。小柄な私の身体を軽々と持ち上げて、男たちは変態的な体位で私の全身の穴を何度も凌辱しました。
価格
108円
読める期間
無期限
クレジットカード決済なら
1pt獲得
対応端末
  • Windows
  • Mac
  • スマートフォン タブレット
  • ブラウザで読める
電子書籍販売日
2009/06/04 09:50
紙書籍販売日
----
ページ数
24ページ
掲載誌/レーベル
  • ----
出版社
ジャンル
ファイル容量
9.47MB
ファイル形式
dmmb形式

新着通知設定

この作品の続刊、作家の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

作品
作家